メンテナンスには費用がかかる?ランニングコストを考えよう!

機械式時計のメンテナンスには費用がかかる

電池式の時計を使っていると電池交換が必要になってランニングコストがかかりますが、機械式時計の場合には物理的な動力を使っているのでその必要はありません。ゼンマイで巻いていれば良いだけであり、自動巻きになっているムーブメントを採用している機械式時計も多いので手間もかからずに済みます。機械式時計でも電池式の時計と同じでベルトは交換する必要が生じるので長期的にはランニングコストが発生するのは明らかでしょう。しかし、実は機械式時計はメンテナンスを行うのにかなりの費用がかかるので気をつけなければなりません。ムーブメントのメンテナンスを定期的に行ってもらわないと調子が悪くなってしまうことがあるからです。

ランニングコストはどのくらいか

ムーブメントのメンテナンスは一般的には3年から4年ごとに行うのが良いとされています。頻繁に使う人や古くなってきた機械式時計を使っている人は3年に1回は必要になりますが、新しくてあまり使うこともない人の場合には5年に1回でも十分です。この調整を行ってもらうのにかかる費用は機械式時計のブランドやモデルによって大きな差があります。安い場合には2万円弱程度で済みますが、高い場合には5万円を超えることもあるのです。部品代もある程度はかかりますが、むしろ技術料が大きな影響を及ぼしています。腕のある職人でなければ正しくメンテナンスを行うことができないからであり、自分でやろうとすると壊してしまうかもしれないので注意しましょう。

ウブロとは、スイスの高級時計ブランドです。「異なる素材とアイデアの融合」をコンセプトに、金やステンレスでできたケースと天然ゴムのベルトを組み合わせた時計がファッション界で認められ、有名になりました。

Related posts