時計について知りたい、そんなあなたに!はじめての機械式時計入門

そもそも機械式時計って何?

あなたは機械式時計をご存知ですか?機械式時計とは、電池を使わずにゼンマイの力で動く時計のことを言います。昔は時計といえば機械式だったので、機械式時計は昔ながらの時計だといえます。

機械式時計の魅力とは?

それでは機械式時計の魅力とは一体何なのでしょうか?

まず、機械式時計の秒針は電池で動く普通の時計のように1秒毎ではなく、より滑らかに……例えば1秒に6回や8回ほど動きます。その秒針の動きの美しさに魅力を感じます。

次に機械式時計というのは、ゼンマイを動かすために多くの部品を使った機械が中に入っています。機械式時計の中には、シースルーバックといって機械が裏蓋から見えるようになっているものがあります。またオープンハートといって、文字盤から機械のテンプという……人に例えれば心臓にあたる部品が見えるようになっていたりします。シースルーバックやオープンハートは「時計の中で機械が動いている」ことを再確認させてくれ、そして芸術作品のような機械の動きを見せてくれるのです。

また機械式時計には、腕を振るう力でゼンマイが巻かれる自動巻と竜頭を直接手で巻き上げる手巻きがありますが、どちらも人の介入がないと時計が動きを止めてしまいます。手を掛けないと止まってしまうことに、時計を構いたくなるような不思議な魅力があります。

機械式時計がほしい!

機械式時計に興味を持ち、機械式時計がほしいと思ったときに気になるのがお値段です。「機械式時計は高級」というイメージがある方もいらっしゃると思いますが、機械式時計の入門機は5万円以下の価格設定になっているものも十分にあります。

いかがでしたか?この記事で少しでも機械式時計の魅力をお伝えできたならば幸いです。

指輪等の高級宝飾品で知られるブシュロンですが、実はウォッチの製造・販売も行っています。独特のモチーフと眩いばかりの装飾が特徴となっています。

Related posts