床に近い生活ができる!ローソファの魅力とは

ローソファを選ぶメリットは

リビングなどのくつろぐ空間にソファを置くことを考えたとき、床に近い生活がしたいならローソファがおすすめです。フロアソファとも呼ばれていますが、低床タイプのソファのことです。日本人の生活になじみのある床に近い生活を実現します。またローソファのメリットとして、圧迫感を感じにくい、ということが挙げられます。狭い部屋に置いても、部屋を広く開放的に見せることができます。そして高さがない分、危険が少ないです。小さな子どもがいる家庭では、高いソファから転落した、なんてことがありがちです。そんな心配がありません。その他にもローソファは足を伸ばして座れるので、こたつと一緒に使用できます。リビングでゆっくりくつろぐことができる家具といえるのです。

デメリットも知っておこう

どんなものでもデメリット面はあります。ローソファも同様です。例えば、立ち上がりがしんどいことです。座面が低いことから、足腰の悪いひとにとってローソファから立ち上がることが困難になってしまうことがあります。誰が使用するのかを意識して選ぶ必要があります。また、基本的に背もたれが低く、姿勢が崩れやすく座り心地が悪いと感じてしまうことがあります。テレビとの高さ、目線が合わなかったり、テーブルが使いにくいといったデメリット面もあります。また脚が付いていないことから、掃除がしにくいといった点もデメリットといえます。

このようにローソファは、部屋を広く見せることができて足を伸ばしてくつろぎやすい反面、立ち上がりが困難、座り心地が悪く感じることがあるといった側面があります。使用する人、部屋などを考慮に入れて検討するようにしましょう。

ローソファは、デザイン性に優れたタイプが多く存在し、室内がお洒落になります。また、座椅子に近い感覚で使用できるため、ゆったりと座りたい場合に最適です。

Related posts