ペットショップでペットを買う時の流れをまとめました

購入前に飼育グッズを準備

かわいい子犬や子猫をペットショップで見つけ、「よし飼おう!」となったら、実際にはどんな流れになるのでしょうか。ペットは生き物で、簡単に配送したり持ち運んだりは出来ませんから、飼う前に購入前後のあれこれを知っておきましょう。
ほとんどのペットショップが、訪問初日にペットの購入が出来ます。しかし、一目惚れで買うと後が大変です。その子を入れるケージやトイレ、フードや水皿などが、購入初日から必要になるからです。
ペットを飼う前には、こうした飼育グッズを先に購入しておきましょう。特にフードは重要で、子犬や子猫はそれまでペットショップで食べていたのと同じフードを好みます。店員さんにフードの銘柄やその子の好みをよく聞いて、準備しておくのが大切です。

自宅まで連れて帰る方法

ペットショップから自宅までどう連れて来るかも、先に考えておきましょう。自家用車があるならそれがいいですが、あまり長距離だとペットが乗り物酔いしてしまうことがあります。店員さんと相談し、移動前の食事を控えておくといった対策を取るのがいいですね。
電車の場合は、ペットを入れるキャリーケースが必要になります。ペットショップが用意してくれる簡易の箱もありますが、キャリーケースは動物病院への行き来などにいずれ使うので、先に購入しておくのが基本です。鉄道会社によってペットにも運賃が掛かりますから、そこも調べておきましょう。
子犬や子猫には、到着初日から家に慣れるための時間が欲しいところです。移動は午前中に済ませ、午後は家でゆっくり過ごさせてあげるのもポイントになります。
こうした流れを知っておけば、スムーズにペットを家族に迎えられます。ぜひ役立ててくださいね。

子犬販売なら東京都のペットショップを利用する方法が適しています。取り扱っている犬種が豊富ですから、お気に入りの子犬が必ず見つかります。

Related posts