猫の性質と特徴や罹りやすい病気を知っておきたい。

上下運動が好きな動物です。

猫は美しい被毛としなやかな美しい体型が特徴になっており、活発で人懐こい性格をしているため、ペットの中でも根強い人気があります。上下運動を好む傾向があるので、階段の上り降りをしたり、箪笥などの家具に登ったり、キャットタワーなどで室内で遊んでいることが多いです。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、保温には十分に注意をしてあげて下さい。寒い時期や暑い時期は、エアコンなどで室内の温度を一定に保ってあげることが大事です。

猫な単独でも生活ができる動物です。

猫は単独で生活ができる動物なので、新しい家族を迎えいれる時は、先住猫にストレスが掛からないように配慮をしてあげる必要があります。子猫を迎え入れた時は、大人の猫とはすぐに合わせないようにして、慣れてくると少しずつ対面させると良いでしょう。猫はストレスに弱い動物なので、本来は多頭飼いには適してはいませんが、相性が良い場合は少しずつ慣れてきて、一緒に眠ったり遊ぶようになります。十分な睡眠が必要な動物なので、ゆっくりと寝かせてあげましょう。

泌尿器系の病気に罹りやすいです。

猫は犬に比べると、尿路結石や膀胱炎などの泌尿器系の疾患に罹りやすい傾向があります。トイレに何度も入っていたり、尿の出が良くない場合は早めに動物病院に行って、診察を受けることが大事です。尿路結石や膀胱炎などの病気は内服薬が有効ですが、病気に配慮した療養食も販売されているので、病気が治るまでは食べさせてあげると良いでしょう。膀胱炎は冷えなどが原因の場合がありますが、ストレスが原因の場合もあります。尿や便は健康のバロメーターなので、毎日チェックをして下さい。

子猫販売はペットショップ以外にもインターネットのサイトでもおこなわれています。ブリーダーが開設したサイトからは、訓練された猫を購入することができます。

Related posts