緑を増やそう!環境と景観の向上に役立つ屋上緑化

環境を守り、憩いの景観をつくる流れへ

屋上緑化とは、文字通り、建物の屋上などに植物を植えることによって行う緑化事業です。同じく壁面に行うものに壁面緑化があります。現代の都市では、生活排熱が増大し、ヒートアイランド現象を引き起こすなど環境悪化が問題となっています。緑地を新たに確保するのも難しくなっているため、建物などの屋上や屋根などの既存スペースを有効活用しようというわけです。蒸散作用を持つ植物の働きで、温度の上昇を防ぎ、省エネや建造物の保護なども期待できます。更に、緑が増えることで癒しや安らぎを与えます。

屋上緑化のメリットとは

屋上緑化のメリットは先にも述べたような、ヒートアイランドの軽減効果、冷暖房の節減が大きいといわれています。また、酸性雨や紫外線から建物を保護したり、騒音の軽減、景観の向上など他にもいろいろあります。植物など緑が増えることは、そこにくる鳥や虫などの生態系の多様化と保護にもつながります。また、デパートの屋上などにみるように、人の交流や憩いの場としての機能を持ちます。大地からは離れていても、土や緑に触れる機会も増えるわけです。

屋上緑化の留意点と方向性

実際に屋上緑化を行う場合の留意点もいくつかあります。まず、最初から屋上緑化を考慮していない建物では、土や植栽の重さに注意が必要です。また、植物の潅水システムによっては、建物の防水対策もいります。強風などへの対策も講じる必要がでてくる場合もあるでしょう。
今、私たちの住環境も含め、今後の地球の環境保全について身近なところから行動を起こす必要に迫られています。屋上緑化は、東京都で取り組んでいるように、地域によっては助成金も出され、今後ますます推進されていく環境事業の一つとなっていくでしょう。

屋上緑化は、ヒートアイランド現象や都市型水害を緩和する効果がありますし、建物の気温上昇を抑えることで省エネ効果も期待できます。緑が少ない都市部では、緑を見て浄化された空気を吸うことで、心も癒されます。

Related posts