常日頃の手入れと専門家による手入れ!機械式時計の取り扱い方法

常日頃の手入れが重要です

優秀なデザイン性と安定的に時を刻む精緻さを併せ持つ機械式時計に関しては耐用年数も非常に長くて一生涯共にすることも可能とされているものが数多くあります。会社を起業するときのパートナーという形で入手する方もいるほどでありまして、一生涯使用できてステータス感を確保できるという意味では、良い自己投資といえます。しかしながら、注意しておきたいのは機械式時計に関しては自分自身で常日頃よりメインテナンスをしていかないと耐久年数も低下することです。ベルトについては消耗品という形で交換できますが、機械の部位が異常になってしまうと正しく時を刻むことは不可能です。機械の部位のトラブルの要因として多いのが湿度でありまして、濡れたときには即座に乾かすことが大事になります。

一定間隔で専門家に見てもらうことは重要です

長期に同じ機械式時計を利用したいときは一定サイクルで専門家によって見てもらうことが大事です。自らがメインテナンスできていると考えていても徹底されていない所は必ずといっていいぐらいあります。時刻の差異や作動音などに異常動作があるときに時計職人に対して相談を持ち掛けるのは必須です。さらにそうでなくても三年~五年に一回くらいは職人に見て貰ったほうが継続して使うことができるでしょう。劣化が起こり始めているパーツをできるだけ早くチェンジしておくと周辺のパーツを損ねてしまうリスクが低減されます。ベルトといった消耗品に関してもチェンジするとスムーズに着けられるようになることから、周期的に専門家のところに持参して状態をチェックしてもらうようにすることをお勧めします。

最高峰と言われる、スイスの時計メーカーのパテックフィリップはデザインの良さはもちろん、精度の高さにも定評があります。

Related posts